FXと外貨預金の違いなら?

FXと外貨預金は似ている投資方法と認識されていますが、この2つの金融取引には色々な違いが見られます。
2つの取引では、通貨の金利差や為替の差益が利益となるのは同じです。
しかし、外貨預金よりも利益を獲得できる可能性が高いのがFXです。
この2つの大きな違いは、取引金額の差にあります。
FXは取引会社に預けた証拠金よりも大きな額の取引が可能です。
預けた額でしか取引ができない外貨預金よりも、大きな利益を獲得することができる仕組みになっているのです。
少ない資金しか用意することができなくても、気軽に始められるところが、大きな魅力といえるでしょう。
また、外貨預金に比べて、手数料も少なく抑えられるといわれています。
大きい場合で40倍程度の手数料差が出るので、外貨預金を行っている人は、外国為替証拠金取引に変更した方が良いかもしれません。
金利の受け取る方法の違いについても知っておきましょう。
外貨預金は、預金がある一定期間保有され、それが満期になったところで金利の受け取りができます。
しかし、FXは、日割りで金利を受け取ることが可能です。
金利を受け取りながら、再投資していくと、複利で利息が付いていくでしょう。
資産運用には適している取引といえそうです。
外貨預金は低リスクであり、取引の手数料が高くなっています。
資産を増やしていく方法には向いていません。
それに比べて、FXは十分に利益を増やせる方法です。
余裕資金を証拠金として預け、その何倍もの取引を実践して、利益を手に入れることをおすすめします。
FX投資